2019年の活動


第4回交流会 32日(土) 13:0016:00終了 女子大同窓会館

厳しい冬の寒さの中にも、暖かな陽が差し込むようになった3月の土曜日、
東京女子大学マンドリンクラブの学生たちとの交流会を開きました。
学生たちにとっては貴重な休日であるにも関わらず、クラブからは12人も参加して
頂きました。
全パートに1人はクラブの方がいらっしゃったので、ふたば会にとっても楽しい一時と
なりました。
練習においては、ふたば会指揮者の三矢幸子氏のご指導のもと、「ハウルの動く城」、
「奇想的間奏曲」、「愛の喜び」、「マンドリン酒場の夜」の4曲を合奏しました。
練習の合間のおしゃべりタイムでは、演奏上の話、今の活動の話、昔の学生時代の話
など、大いに盛り上がりました。

学生たちからは、「普段は少人数で演奏しているので、大人数で合奏でき良い経験となった」
「指揮の先生に指導をしていただけるのがとても勉強になった」との感想を頂きました。

交流会開催も今回で4回目となり、ふたば会にとっても若いエネルギーを頂ける素晴らしい
機会になりつつあります。お互いに刺激を与えられるような関係を続けていけたら
良いですね。


プログラム

練習曲
ハウルの動く城 久石 譲/小穴 雄一編曲
マンドリン酒場の夜 湯淺 隆/吉田 剛士編曲
奇想的間奏曲 Amedeo Amadei
愛の喜び Jean Paul A Martini/Rid.Silvio Ranieri



女子大学同窓会 園遊会
429日(月・祝)14:00 開演 終了 東京女子大学講堂
        ふたば会&コーロ・ヴェラ ジョイントコンサート
           ~東京女子大学創立100周年を記念して~

ふたば会が園遊会で演奏するようになってどれくらいになるでしょう。
その長い歴史の中で、同窓生のグループとのジョイントコンサートが今回初めて
実現致しました。

ジョイントをしたコーロ・ヴェラは、13年ほど前にできた同窓生による女声合唱の
グループで、指導の先生も、女子大卒業後に東京芸大で音楽を学んだ同窓生です。
昨年東京女子大学が創立100周年を迎えたことを記念して、メンバー同士の
「何かしたいわね。」の一言から始まって、今年の園遊会のメインイベントとして、
講堂での演奏となりました。
コーロ・ヴェラ、ふたば会がそれぞれの演奏を披露した後は、合同演奏で、気持ちよく、
楽しく演奏することができました。

広い講堂で、たくさんのお客様に女声合唱とマンドリン合奏とのハーモニーを
楽しんでいただきながら、平成最後のコンサートを終了しました。

その後の「茶話会」では、コーロのメンバーとのおしゃべりに花が咲き、同窓生
同士の横のつながりを実感した、素敵な一日となりました。

 
   

プログラム

第1部 コーロ・ヴェラ  指揮:井口 慈子  ピアノ:岡田 良子
 少年「ピアノ協奏曲KV467 第2楽章」より W.A.モーツァルト 海野 洋司/詞 南 安雄編曲
 絵日傘「アンダンテ・カルディナーレ」より M.Vacquez 海野 洋司/詞 南 安雄編曲 
 オー・ソレ・ミオ E.di Capua 川路 柳/詞 源田 俊一郎編曲
 鞠と殿様 中山 晋平 西条 八十/詞 岩河 智子/編作
<井口 慈子>独唱
 私の名はミミ オペラ「ラ・ボエーム」より G.Puccini
   
第2部 ふたば会  指揮:小澤 朋子
 人生のメリーゴーランド 久石 譲/小穴 雄一編曲
 ムーン・リバー H.Mancini/武藤 理恵編曲
 愛の喜び J.P.Martini/S.Ranieri編曲
 マンドリン酒場の夜 湯淺 隆/吉田 剛編曲
   
第3部 コーロ・ヴェラ&ふたば会  指揮:小澤 朋子   
 見上げてごらん夜の星を いずみ たく 永 六輔/詞 
 マリア・マリ  E.di Capua 堀内 敬三/訳詞 
 歌の翼 F.Mendelssohn 津川 主一/訳詞 
 美しき青きドナウ  J.Strauss Ⅱ世 堀内 敬三/訳詞 
        ~校歌~  

                                 back